か行

♡ か

界面活性剤

化粧品の基本成分である「油性成分」と「水性成分」といった、 本来そのまま混ぜ合わせても混ざらないものを意図的に混ぜ合わせるために使用する。
「天然の界面活性剤」と「合成の界面活性剤」の2種類に分かれており、乳液やクリーム、洗浄料など多くの化粧品から食品にまで幅広く活用されている。

海洋深層水

水深200メートルよりも深くに存在し、海水の約93%を占めている。
約60種類ものミネラルを豊富に含み、有効な資源として、食品、医療、生物学分野でも注目されている。

角層

肌の最も外側にあり、肌内部の潤いを守ったり外界からの刺激・異物侵入から肌を守る重要な役割「バリア機能」を持つ。
角層内部の潤いは「NMF」と「細胞間脂質」によって保持されている。

角質

肌の表面には、角質と呼ばれる層があり、ケラチンという硬たんぱく質の一種の別名とも言われている。
ほこりや汚れといった外部の刺激から真皮を守るバリア機能がある。
また一種のふたのような役割を担っており、肌の水分が蒸発しないようにしている。
通常はターンオーバーによって古くなった角質ははがれるが、うまくいかないと角質がたまりくすんだ肌になることも。

活性酸素

呼吸によって入ってくる酸素の約2%が活性酸素に変化する。
活性酸素は、体内に侵入してきた細菌などを酸化させ殺菌したり無害化する反面、過剰になると体内の細胞などを酸化させようと働く。
これが人間の老化(体内の酸化=サビつき)の原因になる。

かんぱん

思春期以降の女性(20代~40代)に多く見られるシミの一種。
女性ホルモンのバランス、過度なストレスなどが原因とされる。
強い紫外線を多量に受けた場合や、生活紫外線を繰り返し受けている場合にも関与するとされており、春から夏にかけて多く発生する。 
発生部位は額、頬、鼻の下、口の周り。左右対称に生じやすく、片方に生じるともう片方にも現れる場合が多い。色は淡い褐色~濃い褐色で、地図状に不定形な状態が多い。大きさ、形はいろいろ。シミの表面は乾燥している場合が多い。

幹細胞

失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持つ細胞。
幹細胞には様々な種類が存在する。
体性幹細胞、ES幹細胞、そして現在再生医療の分野で最も注目されているのが、皮膚から取り出した細胞に特定の遺伝子を入れてあらゆる細胞への変化を可能にしたiPS細胞。

♡ き

キメ

皮膚の表面は「皮溝」と呼ばれる細かい溝と、その溝に囲まれている小高い「皮丘」からなる網目のような細かい凹凸で形成されている。
この凹凸のことを「キメ」と呼ぶ。
キメがきちんと存在することで皮ふ内部から分泌される汗(水分)と皮脂(油分)が肌表面に行き渡り、皮脂膜を形成してなめらかな状態を保つ。

♡ く

グリシリン

グリシンは、アミノ酸の一種で、動物性たんぱく質中に比較的多く含まれている。
エビやカニの風味をつけるための調味料として幅広く用いられる。
抗菌作用、抗酸化作用、メラニン生成の抑制などの効果がある。

グリセリン

グリセリンヤシ油やパーム油などの油脂を分解する過程の中で得られる成分で、保湿効果が高い。
また、肌を柔らかくするなどの作用が期待されている。
化粧水やクリームなどの基礎化粧品の他にも、目薬や薬品の溶剤軟膏基材としても使われている。

グルコサミン

アミノ糖(アミノ酸と糖が結合したもの)の一種で、真皮中の基質を構成するヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などの主要成分。
グルコサミンを摂取することにより肌の保湿作用を高める。

♡ け

毛穴

毛が生える器官である毛胞の、皮膚表面から見ることができる穴の部分のこと。
毛穴から皮脂が分泌されており、過剰に皮脂が分泌されると、皮脂が毛穴を押し広げ、毛穴が目立つ原因になる。この状態は一般的に「開き毛穴」と呼ばれる。
また毛穴が開き、浮き上がった皮脂が酸化した状態が「黒ずみ毛穴」。
毛穴は皮溝と皮溝の交点に存在しているため、キメが整いふっくらすると、目立たなくなる。

ケラチン

髪や爪の主成分となっているたんぱく質のこと。
体の内側から補給することにより、髪や爪を健康に保つ働きがある。
カラーリングやネイルアートを頻繁にしている方などはおすすめ。

♡ こ

コエンザイムQ10

生体内成分のひとつで、エネルギー生産や抗酸化効果があり、美肌、健康維持に必要な成分。20歳前後をピークに年齢とともに減少する。

コメド

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、溜まった状態のこと。面皰(めんぽう)とも言う。
コメドが炎症を起こした状態がニキビ。

コラーゲン

皮ふをはじめとして、腱・骨・軟骨・血管などに存在する。
身体の中のたんぱく質の約30%を占めており、特に皮ふの基盤となる真皮中(水分を除く)では約70%を占めるほど。皮ふの老化防止、骨粗鬆症の防止、関節炎の防止、老眼や眼精疲労の予防などに効果がある。