現在、250種類以上にのぼる医療への有効性が確認されているCBDオイル(カンナビジオール)。

最近では芸能人がインナーケアとして使用していたり、美容健康の為に取り入れる人も多くなってました。

 

そんな話題のCBDオイルは、アルツハイマー型認知症に対してはどのような効果を発揮するのでしょうか?

このページではCBDオイルがアルツハイマー型認知症にもたらす効果をご紹介しています。

 

アルツハイマー型認知症という病気について

 

本と疑問

 

まず、認知症についての基礎知識をご紹介致します。

 

「認知症」は病名でないという事を知っていますか?
実は、認識・記憶・判断を行う力が弱まってしまい、日常生活に支障をきたす状態の事を指す言葉なんです。

 

アルツハイマー型認知症を発症すると、βアミロイドと呼ばれるタンパク質が頭に溜まり、脳の神経細胞が減少していきます。さらに記憶をつかさどる「海馬」を中心に脳が委縮してしまうのです。

認知症を引き起こす原因は様々ですが、近年の研究により、約6割の認知症が"アルツハイマー型認知症"が原因になっているという結果がでています。

 

アルツハイマー型認知症の症状って?

 

付箋

 

アルツハイマー型認知症の症状にも個人差があると言われています。

初期症状として記憶障害が現れ、時間が経つにつれて見当識障害という症状へと進行していきます。

 

記憶障害は物忘れや思い出せないなどの軽度の認知症ですが、見当識障害は人や場所などの区別がつかなくなってしまう症状です。身体的機能も低下してゆくため、寝たきりで暮らす人も少なくありません。

 

 

アルツハイマー型認知症は女性の発症率が高い!

 

グラフ

 

これまでの統計からみて、アルツハイマー型認知症を発症させる可能性は男性よりも女性の方が高いという事が明らかになっています。

 

アルツハイマー型認知症は、加齢とともに発症率が上がります。
60代よりも70代、70代よりも80代のほうが、アルツハイマー型認知症になりやすいのです。

女性の方が発症しやすいと言われる理由は、男性よりも女性の方が平均寿命が長いからだと言えるでしょう。

 

カンナ<br>
たしか、今の平均寿命って男性81歳。女性87歳でしたよね~。
ビジョ姉
カンナちゃん物知りですね!
女性の方が長く生きる分、割合が多くなることも頷けます。

 

アルツハイマー型認知症を発症させる理由や原因って?

 

悩む人

 

では、なぜ人はアルツハイマー型認知症を発症させてしまうのでしょうか?

 

脳がタンパク質が溜まるは原因は未だ解明されていない…。

アルツハイマー型認知症の原因はタンパク質の残留だと言われています。

 

一部では生活習慣や、加齢により脳機能が低下することが原因だと言われていますが、原因は未だに解明されていません。

 

生活習慣病を患っている人はアルツハイマー型認知症を発症しやすい!

 

これまでの傾向として、糖尿病・高血圧症・高脂血症などの生活習慣病を抱えた人が発症しやすいというデータが出ているそうです。

 

生活習慣病は日本の死因の6割を占めている病気でもあり、アルツハイマー型認知症とも深いかかわりがあると言えるでしょう。

 

ビジョ姉
自身の健康のために普段の生活を見直し、予防・改善を心がける事が大事ですね。

 

アルツハイマー型認知症の治療方法について

 

問診表

 

現在、アルツハイマー型認知症を完治させる方法は未だに発見されていません。ですが、正しいケアで進行を遅くしたり、症状を軽くすることが可能だと言われています。

 

現時点での治療方法は「薬物療法」「リハビリテーション」の2つに分類されます。

 

薬物療法

薬物療法で主に使われているのは「抗認知症薬」です。1999年には1剤しか有効性が認められませんでしたが、2019年現在では4剤の使用が認可されています。

 

リハビリテーション

続いて用いられる治療法はリハビリテーションです。脳の機能低下を抑えるために書き取りや計算などを行うほか、音楽を聴いたり歌ったり、様々な方法で脳に刺激を与えます。

 

これらの治療法には副作用やデメリットがある…。

 

落ち込む女性

 

これらの治療法には副作用が存在しています。


吐き気・嘔吐・食欲不振・下痢・興奮・などの症状が確認されており、そのために吐き気止めや鎮静剤など、薬の量が増えてしまうというつらい闘病生活を送る人も少なくありません。

あくまでも進行を遅らせる・症状を軽減させるという効果しか現れないため、患者の精神的負担も大きいと言われています。

 

CBDオイルはアルツハイマー型認知症に有効!

 

オイル

 

医療への有効性や、美容・健康効果が評価されつつあるCBDオイルですが、

アルツハイマー型認知症の発症および改善に効果がある事が明らかになってきました。

 

世界保健機関であるWHOが発表したCBDオイルの調査によれば、CBDオイルにはβアミロイドタンパク質を減少させ、脳神経の炎症や、変形反応を抑えるという事が発表されています。

 

カンナ
つまり、CBDオイルにはアルツハイマー型認知症を発症させる原因を減少させ、異変が起きている脳を正常に戻そうとする力が備わっているって事よね?
ビジョ姉
そういう事ですね。CBDオイルがもたらすアルツハイマー型認知症への効果は、現在でも研究が進められています。

 

CBDオイルがアルツハイマー型認知症にもたらす効果

 

CBDオイル

 

エンドカンナビノイドシステム(心身調節機能)を活性化させる

 

スポイトから出るオイル

 

健康に生きていくために、私たちの身体には、エンド・カンナビノイド・システムという身体調節機能が備わっています。

 

この機能が乱れると病気になったり、心身に不調が現れるといわれており、健康の要ともいえる存在なんですよ。

 

CBDオイルにはエンドカンナビノイドシステムを活性させる力があり、脳に発生した神経の乱れなどを正常化すると言われています。

 

ビタミンよりも優秀な抗酸化作用

 

チェックリスト

 

アルツハイマー型認知症は老化や加齢によって発症率が増加します。

 
CBDオイルはビタミンC・ビタミンEよりも高い抗酸化作用を持っている為、

アンチエイジング(老化防止)効果にも期待が高まっています

 

高い抗炎症作用で脳の炎症を抑える

 

頭

 

CBDオイルは高い抗炎症作用を持している為、脳内の炎症や痛みの緩和に効果があるとされています。

CBDオイルを摂取すると長年続いた関節痛が改善されたり、擦り傷の直りが早くなったなどの、声も多くあがっているようです。

 

CBDオイルには副作用や依存性の心配がない

 

グーサイン

 

CBDがアルツハイマー型認知症への特効薬として注目を集めつつある理由として、副作用や依存症の心配がないという事が大きなポイントです。

これまでの研究において、CBDを摂取して体調不良を訴えた被験者はおらず、世界保健機関であるWHOでも、「CBDオイルには健康を害する副作用がない」ことが定義づけられています。

 

参考:CBDオイル事前審査報告書

 

下記ページではCBDオイルの効果や副作用について詳しく説明していますので、気になる方は参考にしてみて下さい。!

 

https://cbd-beauty.net/cbd-toha/

 

副作用がつらくて闘病を辞めてしまう人もいるみたいだし、患者の負担を考えるとCBDオイルは本当に画期的な治療薬になるかもしれないね。

 

アルツハイマー型認知症の予防にも?CBDオイルの摂取法もご紹介!

 

オイル

 

CBDオイルを摂取し、体内の健康機能を向上させる事はアルツハイマー型認知症の予防へとつながります。

 

それだけではなく、その他の病・症状の引き起こすこと未然に防げるため、毎日を健康体で生きる事ができると言えるでしょう。

 

いつ摂取すればいい?CBDオイルの摂取方法をご紹介!

 

スケジュール帳

 

健康機能をアップや、病症状の改善が目的な場合、CBDオイルを継続して摂取することが大切です。

 

決まった時間に摂取する必要はありませんが、朝起きた時・昼ごはんの後・眠る前 などの日常の行動の前後に摂取を心がけると習慣付けやすいと言われています。

 

ビジョ姉
CBDオイルには色々な種類が存在しているため、自分の生活スタイルにあったCBD製品を見つけることも大切ですよ♪
カンナ
CBDオイルだけじゃなくて、オイルが入った飲みやすいカプセルとか、
水蒸気にして吸い込むCBDリキッドなんかもあるよね~!

 

 

健康に生きるために、早めの予防が大事!

 

オイル

 

アルツハイマー型認知症を発症してから治療を行うのではなく、日々の生活から予防を行っていくことが大切だと言えるでしょう。

 

CBDはカプセル、オイル、ベイプ、クリームなどなど、CBDオイルにも様々な種類が存在しています。CBDの効果を得るためにも、自分に合った正しいCBD製品を選ぶことが必要です。

 

下記ではCBDの選び方についてまとめている為、良ければ参考にしてみて下さい。

 

おすすめの記事