当サイトでは、CBDオイルはスゴイよ~!良いよ~!!ということを繰り返しお伝えして来ましたが、2019年になってようやくCBDオイルが世界的トレンドとして注目を浴びるようになりました。

様々なメディアで取り上げられるようになり、その知名度はどんどん高まっています。

今までCBDオイルはネット通販での購入が当たり前でしたが、最近ではトレンドの高まりに伴って店頭での販売を行う店舗も増えています。

「ネットで買うのは不安」「実物を見てから購入を決めたい」という声も多く聞かれる中、店頭で実際に商品を手に取れるのは嬉しいし、安心感がありますよね。

そこで今回は、東京・新宿でCBDオイルを販売しているお店を調査してきました!

お仕事帰りや買い物中にフラッと立ち寄れるお店ばかりなので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さい。

日本一の歓楽街・新宿でCBDオイル販売店を調査!

新宿駅

今回調査を行ったのは、日本一の歓楽街・新宿。

都庁や新宿御苑、明治神宮、高層ビルのオフィス街などが立ち並ぶ反面、ホストクラブやキャバクラが密集した歌舞伎町などもあり、都会の色々な面をギュッと凝縮したような街・新宿。

若者も多く、トレンドや流行をいち早く取り入れる街でもあるため、CBDオイルの店頭販売を行うお店もたくさんありました!

今回調査したのはこちらの5店舗。

CBDオイル取り扱い店舗 <東京・新宿>
 
・BIOPLE tokyo 新宿ルミネエスト
・BEAUTYAPOTHECARY 新宿伊勢丹
・ BEAUTY LIBRARY 新宿ミロード
・ドン・キホーテ 歌舞伎町店
・ドン・キホーテ 東南口店

どの店舗でも実際にCBDオイルが取り扱われていて、在庫も確保されていました。

常に流行の先端を行っているルミネや伊勢丹は想定内でしたが、まさかドン・キホーテで購入出来るのは予想外ですよね。

では、各店舗でのCBDオイル販売状況や特色を見ていきましょう。

多数のCBDブランド取り扱い|BIOPLE tokyo 新宿ルミネエスト

BioplebyCosmeKitchen新宿店

引用:Biople tokyo by CosmeKitchen ルミネエスト新宿店 公式Twitter

 

取り扱いブランド
 
・Elixinol(エリクシノール)
・ENDOCA(エンドカ)
・gron(グロン)
・MEDTERRA

 

新宿ルミネエストの地下2階にある「Beople tokyo(ビープルトウキョウ)」

ナチュラル&オーガニックの商品を取り扱う「CosmeKitchen(コスメキッチン)」と同じ系列のお店です。

こちらのビープルトウキョウでは、なんと4社ものCBDブランドの製品を取り扱っていました!

店舗内には小さいながらCBDオイル専門のコーナーも設置してあり、本格的に売り出してるなぁという印象です。

CBDオイル専門コーナー

CBDオイル

店内に設置してあるCBDオイル専門コーナーでは、左から順に、ENDOCA(エンドカ)→ gron(グロン)→ Elixinol(エリクシノール)→ MEDTERRAの商品が置いてありました。

商品数自体は少ないですが、各ブランドの王道・定番商品が販売されてます。

Elixinol(エリクシノール)

エリクシノールの定番と言えばこのCBDオイルですが、店頭では低濃度の商品のみを販売しているようです。

エリクシノールのオイルはこの他にCBD含有量1000mg、3000mgのものもあり、ネット通販では購入が可能となっています。

この他にはCBDカプセル、レスキューロールオンが販売されていました。

どれもエリクシノールの中では定番中の定番、といった商品です。

ENDOCA(エンドカ)

こちらも商品数は少なめですが、エリクシノール同様、定番どころのオイルを販売していました。

エンドカはデンマークの企業で、100%オーガニック、無農薬、非遺伝子組み換えの高品質オーガニックCBDオイルを生産していて、最近急速に日本でも広まりつつあるCBDブランドです。

MEDTERRA

MEDTERRAは実は初めて見るCBDブランドだったのですが、どうやらアメリカのCBDブランドのようですね。

店頭ではクリームやカプセル、MTCオイルとCBDオイルをミックスしたティンクチャ―が販売されていました。

商品数自体は少ないですが、楽天市場でも取り扱いがあるようです。

gron

こちらの商品は写真を撮り忘れてしまったのですが、CBDブランドのコーナーで使用している写真の中央左に写っているグレーの箱がgronの商品です。

商品の取り扱いは2種類のオイルのみで、MTCオイルとCBDオイルをミックスしたティンクチャ―のレモンライム味とミント味が販売されていました。

CBDオイルの試飲が出来る|BEAUTYAPOTHECARY 新宿伊勢丹

伊勢丹新宿店

引用:伊勢丹新宿店オンラインストア

 

取り扱いブランド
 
・Elixinol(エリクシノール)のみ

 

伊勢丹ということで何種類か取り扱いがあるかと思ったのですが、取り扱いブランドはエリクシノールのみでした。

しかし、そこはさすが伊勢丹、なんとCBDオイルの試飲をさせて下さいます。

今回試飲したのは、ノンフレーバーのナチュラルと、シナモンとミントが混ざったシナミント味です。

スタッフの方に試飲をお願いすると、こうしてスプーンに乗せて持って来て下さいます。対応がすごく丁寧…!

ちなみに左側がナチュラル、右側がシナミント味ですが、見た目だけでは判断がつかないですね。

肝心のお味は、ナチュラルの方がCBD独特の草っぽさがほのかに香る感じで、シナミント味の方はちょっと強めのミント味のガムという感じ。

ミント味のガムが苦手な筆者的には、ナチュラルの方が飲みやすかったです。

そして試飲の際、スタッフさんが丁寧にCBDオイルの説明をして下さいました。

 

・薬機法(旧薬事法)によってCBDオイルの具体的な効果は謳えないこと
・しかし、CBDオイルの効果は世界的に注目を集めていること
・ 購入者のほとんどが“目的買い”であること(“衝動買い”の反対の意)
・舌下に溜めてから飲み込むと効果を感じやすいこと

 

さすが伊勢丹ですね。
しっかり法律に関することまで言及して下しました!

試飲が出来ること、スタッフさんが丁寧に説明してくれることを鑑みると、伊勢丹は初めてCBDオイルの購入を検討している方にとって非常に買いやすいお店なのではないかと思いました!おすすめ!

CBDオイルをはじめ最新のオーガニックコスメを試すなら|BEAUTY LIBRARY 新宿ミロード

引用:小田急SCポータルサイト

 

取り扱いブランド
 
・Elixinol(エリクシノール)のみ

 

こちらは2017年にオープンした「オーガニックコンビニエンス」をテーマとしたお店です。

店内では最新のオーガニックコスメが取り揃えられていて、実際に試しながら購入出来るとのこと。

こちらのお店ではまたしても取り扱いブランドはエリクシノールのみでした!さすが、エリクシノール強し!

 

店内にはCBDオイルのシナミント味カモミールレモン味、そして気になる箇所に直接塗るタイプのCBDレスキューロールオンが販売されていました。

 

レスキューロールオンは試し塗りが可能となっていて、塗り方の説明も置いてあります。

こめかみに塗ったところ、すぐにスーッとした清涼感を感じることが出来たので、目の疲れや筋肉の凝りを感じた時に塗ると効果覿面かと思います。

 

ついに驚安の殿堂にCBDが進出…!|ドン・キホーテ 歌舞伎町店・東南口店

引用:ドン・キホーテ公式サイト

取り扱いブランド
 
・NATUuR(ナチュール)<歌舞伎町店・東南口店>
・+WEED(プラスウィード)<東南口店>

さて、いよいよ最後は驚安の殿堂・ドン・キホーテです。

歌舞伎町店・東南口店の2店舗を回ったのですが、ありました!ありましたよ!

まさかドン・キホーテにまで進出しているとは思っていなくてビックリしたというのが正直なところ…!

 

ドン・キホーテ 歌舞伎町店

ドン・キホーテでは、VAPEタイプのCBD商品が販売されていました。

ちょっと分かりづらいですが、電子タバコ売り場に置いてあります。

ちょっと小さめの売り場に置かれていたのは、「NATUuR(ナチュール)」使い捨てCBDペン

実はこのCBDペン、買ったその場で使えて、使い終わったらそのまま捨てられるというかなりお手軽な商品。

1本約3,000円で、平均200回ほど吸引することが出来ます。

ナチュールは大麻・CBD先進国のオランダで誕生したブランドで、厳しい基準をクリアした製品のみを販売しています。

各国の法令に沿った製品造りを行っているので、THCが含まれている可能性もかなり低く、安心して使用出来ます。

エリクシノールほどの知名度はありませんが、これだけ品質の良いCBDが手軽に使い捨て出来るとあって人気の高い商品です。

話が逸れますが、さすが大手総合ディスカウントストアであり驚安の殿堂でもあるドン・キホーテ、星の数ほどあるCBD製品の中でもたった3,000円で手軽に使い捨て出来るCBDペンをチョイスするとは、徹底されたブランディング力を感じました…!

ドン・キホーテ 東南口店

東南口店にもナチュールのCBDペンが販売されていました。

歌舞伎町店よりも売り場が広く、積極的に売りに行ってるな、という印象。

売り場にはこんな張り紙まで。これはかなり親切…!

法律のことにも触れていながら、研究対象となっている疾患についてもかなり細かく記載されています。

たまたま立ち寄った人が「CBDって何~?」と思った時にこの張り紙があったら、興味関心を引きますよね。

また東南口店では、ナチュールに加えて「+WEED(プラスウィード)」というブランドのVAPEも販売されていました。

初めて聞くブランドでしたが、どうやら日本製のCBDリキッドブランドのようです。

CBDオイルの販売はなく、完全にリキッドに特化しているブランドみたいですね。

ドン・キホーテの中でも珍しく頑丈なショーケースの中に保管されていて、手に取って見ることは不可能でした!

CBDオイルを購入するなら、ぜひ店舗へ足を運んでみて!

今回調査してみて思ったのは、実際に見た方が色々と分かるな、ということ。

そして、ネット通販で買うよりもたくさんのメリットがあることに気付きました!

 

・実際に試飲したり、説明を受けてから購入出来る
・通販サイトでのトラブルに巻き込まれなくて済む
・信頼あるCBDブランドの中から商品を選ぶことが出来る

 

実際に試飲したり、説明を受けてから購入出来る

スポイトから出るオイル

CBDオイルは比較的高価な買い物になるため、ちゃんとした説明を受けたり実際に味を確かめてから購入出来る方が嬉しいですよね。

ネット通販では匂いや味までは分かりませんし、写真の良し悪しによっては実物とイメージが乖離していることも多々あります。

そういったことを防ぐという意味で、とくに試飲の出来る店舗では味や効果を確かめてから購入出来るのはメリットだと思います。

店舗のスタッフの方は皆さん丁寧に説明して下さるので、不安を解消してから購入出来ると思います。

ネット通販でのトラブルに巻き込まれなくて済む

CBDオイルは現在ネット販売が主流ですが、どんな人が販売元なのか見えにくいためどうしてもトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

ネットでは海外ブランドから直接購入する「個人輸入」なども可能で便利な反面、THCが混入していたり、CBDの含有量が表示よりもはるかに少ないということがあったり…色々な危険性があります。

過去には、個人輸入したCBDオイルの中にTHCが含まれていて税関の検査で引っ掛かかり、購入者が逮捕されたという事例がありました。

恐ろしいですよね…とんでもない話です…!

信頼あるCBDブランドの中から商品を選ぶことが出来る

ネット通販トラブルの話からも繋がることですが、店舗販売においてはまず販売に進出するまでのハードルが非常に高く、信頼のあるブランドしか店頭に置いてもらえません

伊勢丹やルミネといった大手百貨店ならなおのこと、信頼を得たブランドのみにしか販売権が与えられないのです。

ということは、店頭に並んでいるCBDブランドは安全と信頼が保障されているということ。

購入後にトラブルに巻き込まれることもありませんし、安心して購入することが出来ます。

さいごに

とくにCBD初心者の方やしっかりとした説明を受けてから購入に至りたいという方は、実際に店舗へ足を運ぶことをおすすめします。

今後CBDオイルブームによってまだまだ販売店は増えるでしょうし、ネット購入よりもメリットたくさんですよ。

気になる方はぜひ新宿へ足を運んでみて下さいね!

こちらの記事では、CBDオイルを選ぶ際のポイントをまとめています。

ネット通販で購入する場合の注意点なども記載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

おすすめの記事